突然死を防げるAEDは販売会社を調べて購入しよう

女性

大切な命を救う

AED

信頼と実績の開発力

AEDとは止まった心臓に電気ショックを与えて、心臓を正常に戻す医療用特殊機器です。日本では年7万人、一日当たり約100人の人が突然死で亡くなっているといわれています。スポーツ中や血圧の急激な上昇、ストレスなどで心臓の筋肉が痙攣し、身体に血液が行かなくなると自然に回復することはありません。ですが一般市民でもAEDを使えば心臓が止まった人を救うことが出来ます。AEDは販売会社の努力により公共施設や自動販売機などにも設置されるようになり、一般の人でも使えるようになりました。これまでに50万台以上が販売され公共機関やオフィスなどで設置が促進されています。ホテルのロビーやエントランスなど様々な空間に調和するシンプルなデザインのものが選べます。

使いやすさと安全性

AED装置は壁面にフラットに収納できる埋込型とコンパクトで場所を取らないスタンド型があります。各販売会社では下部に消化器収納スペースが付いたものや洗練された空間に調和する指定カラーなどオリジナルデザインも取り扱っています。また販売会社では、AEDの維持管理や取り扱いを紹介する動画を、地域放送や雑誌など通じてわかりやすく紹介しています。AEDは特殊機械ですが難しい操作は必要なく電源さえ入れれば機器が指示サポートしてくれます。一人でも多くの人が勇気ある行動を起こす事で救われる命があるので、ぜひ普及してほしいと思います。そして公共施設だけでなく一般の会社や家庭でも設置が進むように販売会社では医療業界のネットワークを活かして講習やレンタルなども幅広く行っています。

制御機器の故障に対応

男の人

PLCの経年劣化による故障に対応するため、バックアップデータを作っておくことが大切です。ハードとソフトの両方に詳しい専門業者なら、修理はもちろんバックアップの作成や定期的なメンテナンスまで依頼できます。

微細な金属加工

レディー

ファイバーレーザーは集光性に優れるため微細なワークの溶接が得意で、銅やアルミの加工もでき、エネルギー効率に優れている点がメリットです。ただし要求される精度によっては従来の溶接方法のほうが安価になります。

建設残土を再生する

工事

残土ふるいは、建設現場等で発生した残土をふるい分け、上質なリサイクル土を抽出する作業です。取り除いた不純物の方も、再資源化することが可能です。最近はコンパクトなふるい機を現場に直接持ち込んで作業を行うケースが増加しています。