突然死を防げるAEDは販売会社を調べて購入しよう

メンズ
  1. ホーム
  2. 建設残土を再生する

建設残土を再生する

工事

建設資源を有効活用

土木や建築などの作業現場においては、地面を掘削することで大量の残土が発生します。こうした残土には、石・粘土・コンクリートがら・木質廃材などの不純物がしばしば混入しています。そのため、そのまま処分する際は産業廃棄物として指定の処分業者に費用を支払って処分を委託することとなります。しかし、不純物を取り除いて土質を改良した残土であれば、現場で配管などの埋め戻し作業に使用することができます。また、取り除いた不純物の中にも、リサイクル可能なものがあります。そのため最近では、処分費の節約と資源の有効活用を図るという観点から、残土を再生処理する工程を作業に取り入れるのが一般的になっています。このプロセスを、残土ふるいといいます。

精製した土は販売も可能

残土ふるいによって不純物を取り除かれた土は、先述した通り埋め戻し材として利用できるほか、粒目をそろえた黒土は耕作用やガーデニングの材料などとして販売することが可能です。また、不純物の方も、たとえばコンクリートがらは道路の舗装材に、石は破砕して砂利としてリサイクルできます。残土ふるいの作業を行う際は、残土ふるい機と呼ばれる重機を使用します。残土ふるいは網目の口径を調整できるスクリーンを備えたふるい機で、振動しながら重さと大きさで不純物をふるい分け、土と分離します。最近はコンパクトな可動式タイプや、キャタピラによって自走できるタイプの普及が進んでいます。残土の発生現場に持ち込んでただちに作業を行い、運搬費用を節約できるとして人気を集めています。