突然死を防げるAEDは販売会社を調べて購入しよう

メンズ
  1. ホーム
  2. 微細な金属加工

微細な金属加工

レディー

ワークに適した溶接方法

最近ではファイバーレーザーの低価格化と高性能化が進んでおり、とりわけレーザー溶接の分野で数多くの企業に採用されています。ただしファイバーレーザーといえども、万能の溶接機ではないことに注意してください。接触する面の精度が低いと溶接できないこともあって、微細な加工には高度な技術が必要になります。導入に初期費用がかかるだけでなく、場合によってはランニングコストも高くなります。要求される精度によっては、従来の溶接方法のほうが安価になります。レーザー溶接には他の溶接とは異なる独自の安全対策が求められます。こうしたことも含めて、コストパフォーマンスを計算し、それぞれのワークに適した溶接方法を選ぶことが大切です。

優れた集光性

ファイバーレーザーは主に細くて深いワークの溶接を目的として利用されます。これはファイバーレーザーの集光性がYAGレーザーや炭酸ガスレーザーに比べて優れており、微細なスポットにエネルギーを集中できるためです。また波長の短いファイバーレーザーなら、反射率が高くて従来のレーザーでは溶接できなかった銅やアルミの加工も可能です。ファイバーレーザーは余分な熱の発生が少なく、エネルギー効率は炭酸ガスレーザーの3倍と言われています。大出力でなければ冷却が必要ないため、電気代が節約できることもメリットです。さらにミラーなどの部品を持たないのでメンテナンスしやすく、長期的にはコストを抑えられるという利点もあります。