突然死を防げるAEDは販売会社を調べて購入しよう

メンズ
  1. ホーム
  2. 制御機器の故障に対応

制御機器の故障に対応

男の人

バックアップの作成

PLCはハードな環境で使用されることが多く、今は問題なく稼働していても、経年劣化は確実に進行していますから、故障した時のことは考えておかねばなりません。多くのPLCは10年ぐらいでモデルチェンジされると言われています。修理しようと思っても、メーカーに在庫がないことがあるため注意が必要です。現在の機種の後継機であれば、多くの場合は交換することが可能です。ただしソフトやツールの交換をスムーズに行なうため、バックアップデータを作っておくことが大切です。基本的なハード図面だけでなく、改装した際の仕様もきっちりと記録に残しておくことで、修理や入れ替えを手間取らずに済ませられ、コストの削減にも繋がります。

日頃の点検が大事

PLCの保守点検サービスは、万が一故障した際の修理だけでなく、バックアップデータの作成や定期的な点検・メンテナンスまで依頼できるのが特徴です。PLCが故障すると生産ラインが止まってしまうこともあり、損害は甚大になりますから、そうなる前のメンテナンスが重要なことは言うまでもありません。また仕様変更に応じてバックアップを残しておけば、突然の異常にも迅速に対応できます。PLCの修理は必ずしもメーカーに依頼する必要はありません。古いPLCでメーカーに在庫がない場合でも、中古品が見つかる可能性があります。ハードとソフトの両方に精通した修理業者であれば、ワンストップでPLCのさまざまな不調に対応することができます。